視力低下の原因になる白内障と緑内障は生活に支障が生じる事もある

医者

目が病気になったなら

看護師

病気のことを学習しよう

白内障は、目のレンズに当たる水晶体という器官が濁ってしまう事による疾患です。水晶体が濁る事で目に入ってきた光が散乱するとまぶしく感じることもあります。医療的にはこれを羞明症状といいます。白内障は進行性の疾患です。しかし点眼薬で進行を遅くすることもできれば、手術により視力を回復する事も可能です。緑内障は房水という目の中を流れる液体が、老化などの影響により目の中にたまってしまうことで発症します。以前は失明する可能性が非常に高い疾患でした。しかし現在では早期発見の方法が開発され、治療薬の研究も進み種類も増えています。手術やレーザー治療などの治療法もあり、治療の選択肢は以前とは比べ物にならないほど豊かになっています。

これからどうなっていくか

白内障や緑内障の原因は共通するものとしては、老化や遺伝があげられます。白内障はそれ以外に糖尿病やアレルギー疾患、紫外線が主な原因と考えられています。緑内障では、近視やドライアイ、肥満、ストレスなどもあげられます。これらの原因は一般に今後、増加していくと考えられています。特に糖尿病などの生活習慣病や近視、ドライアイなどの情報機器による疾患は、今、急激に増加している疾患領域です。白内障や緑内障の増加は、間接的に看護や介護の量を増加させます。特に病院などにおいて視覚障害がある方を看護、介護する場合、転倒などの自損リスクが上昇してしまいます。結果的に看護、介護のマンパワーの増加が必要になると考えられます。